園児24総合補償制度
Insurance of Kindergarten

園児24総合補償制度はこんな場合にお役に立っています

事故例・お支払い事例はこちら
事故時のお問合せはこちら


※この補償制度は「全日本私立幼稚園PTA連合会」加入園の園児専用プランとして、主にお子様のケガ、賠償責任または病気を補償します。
補償内容がお客様のニーズに合致しているかどうかご確認ください。

ご家族全員に賠償補償

お子様だけでなく、ご家族※が他人にケガを負わせたり、他人の物を壊してしまった場合も対象です。
(園が責任を負うべき事故や、お子様を監督している方に対する事故等、被保険者に法律上の賠償責任が発生しない場合は保険金のお支払対象となりません。)

※ご家族とは次の方々をいいます。
①本人(お子様)、②本人の親権者、③親権者と生計を共にする同居の親族、④親権者と生計を共にする別居の未婚の子。

<事故例>
・自転車で老紳士と出会い頭に衝突し、後遺障害を負わせてしまった。
・お子様がボール遊びをしてしていて、隣家の窓ガラスを割ってしまった。
・駐車している他人の車に、お子様が落書きをしてしまった。

ご扶養者の方に育英費用補償

扶養者の方※に偶然な事故によるケガで死亡または重度後遺障害が残った場合、お子様の将来のための費用を補償します。

※扶養者とは、お子様の親権者で、ご家族の生計維持者をいい、あらかじめご指定された方になります。

<事故例>
・扶養者が交通事故で重度の後遺障害を負い、働けなくなってしまった。
・扶養者が旅行先のホテル火災で、お亡くなりになった。

園児ご本人に傷害補償

園児の園内や通園途中の事故だけでなく、自宅での事故または交通事故やレジャー中の事故、日射病または熱射病や、O-157などの特定感染症*1、また細菌性食中毒*2が対象となり、後遺障害から入院・通院まで幅広い補償です。
(地方自治体等からの乳幼児医療費給付や、他の保険とは関係なく支払われます。)

*1特定感染症危険補償特約では、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に廃する法律」における下記の1類から3類の感染症について補償されます(2014年7月現在現在)。

1)1類感染症:エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱
2)2類感染症:急性灰白髄炎(ポリオ)、結核、ジフテリア、SARS(重症急性呼吸器症候群)、鳥インフルエンザ(H5N1)
3)3類感染症:コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症(O-157を含みます。)、腸チフス、パラチフス

*2 細菌性食中毒の主な原因菌としては、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ菌などがあります。

<事故例>
・O-157に感染し、入院および通院治療を受けた。
・園からの帰りに自動車に衝突され後遺障害が残った。
・屋外で遊んでいるとき日射病で倒れ、入院した。
・教室で走り回っていて転倒し、机に顔をぶつけてケガをした。

捜索・救助活動等に負担した費用をお支払い 救援者費用

偶然な事故により、園児の緊急な捜索・救助活動等が必要となった場合に、親族が負担した費用を補償します。

<事故例>
・園児が川に転落、遭難し、救助活動の費用を請求された。

※地震・噴火・津波によるおケガも補償の対象となります。

・お子様が地震で倒れてきた家具の下敷きになって、ケガをした。
・扶養者が地震を原因とする事故で、重度後遺障害を負った。

過去10年間で震度5以上の地震【人的被害の多かった最近の地震】

2011年3月11日 三陸沖 2011年東北地方太平洋沖地震 死者18,958名、不明者2,655名、負傷者6,219名
2011年3月12日 長野県・新潟県県境付近 死者3名、負傷者57名
2011年3月15日 静岡県東部 負傷者75名
2011年4月7日 宮城県沖 死者4名、負傷者296名
2011年4月11日 福島県浜通り 死者4名、負傷者10名
2011年6月30日 長野県中部 死者1名、負傷者17名
2012年3月14日 千葉県東方沖 死者1名、負傷者1名
2013年4月13日 淡路島付近 負傷者35名
2014年3月14日 伊予灘 負傷者21名
2014年5月5日 伊豆大島近海 負傷者15名
2014年9月16日 茨城県南部 負傷者10名
2014年11月22日 長野県北部 負傷者46名
2015年5月30日 小笠原諸島西方沖 負傷者13名
2016年4月14日 熊本県熊本地方など 死者247名、負傷者2,787名
2016年10月21日 鳥取県中部 負傷者32名
2016年11月22日 福島県沖 負傷者20名

「気象庁ホームページ」より抜粋